Effect of Foods

食材の効能

八朔(みかん)

食材の効能八朔

≪理気の食材≫
理気の食材には気を巡らせる作用があります。

■ 味甘・酸、性平、肝・胃経

気が体の中をまんべんなく、滞りなく、循環しているのが健康な状態です。
このバランスが乱れたとき、気はどんどん上に上がる性質をもっています。
しゃっくり、げっぷ、吐き気などの不快症状も気の上逆によっておこることがあります。

胃で気の上昇がおこり、その気が発散されずに滞ると、上腹部が張って苦しくなります。胃腸の働きもにぶるので、食欲がなく、食べても消化吸収できない。
未消化の便がでたり、体がだるい、重い、元気が出ない、という状態になります。

みかんは胃経で胃に入り理気作用で滞った気を通しますので上腹の張りをとり、食欲を促進します。

食材の紹介

身近な健康食材をつかったレシピを紹介するメールマガジン【お手軽!美味しい!くすりになるレシピ】を月一回メールマガジンで発行しています。
登録はこちらへ