Recipe

クスリになるレシピ

梨とレンコンのサラダ

【梨の話】☆このレシピはブログで写真が見られます!→ブログへ

日本では古来より食されてきた果物で、弥生時代にはすでに食されてきたとか。
ただ、現在のように甘味があり、果肉が軟らかいよう品種改良されたのは明治の中頃。

水分と食物繊維を比較的多く含んでいるので、便秘予防に役立ちます。
その他血圧を下げてくれるカリウム、疲労回復に役立つリンゴ酸・クエン酸も含んでいます。

薬膳において梨を使う場合、身体に必要な水分を補う・乾燥を防ぐ・身体に溜まった余分な熱を冷ます・痰をとるなどの目的で使われます。
またこれらの内容から咳止めとして梨の絞り汁をよく用います。

空気が乾燥し始めるこの季節にぴったりの食材ですね。
今回はこの梨と薬膳では同じような目的でよく使われるレンコンを使ったレシピをご紹介致します。
これから冬に向かって進み、肌の乾燥、のどの痛み、空咳、鼻の乾燥や呼吸器のトラブルなど、乾燥に関するトラブルが多くなってきます。
乾燥が始まるこの季節に身体、本格的な乾燥に抵抗力をつけていきましょう!

材料

レンコン
8cm
少量
中1/2個分

--ドレッシング--

おろし玉ねぎ
中1/2個
砂糖
小さじ2
米酢
大さじ1
しょうゆ
大さじ1
ごま油
大さじ2
白いりごま
小さじ2
塩・こしょう
適量

作り方

1)ドレッシングを作る。ボールに軽く絞ったおろし玉ねぎを入れ、その他すべての材料を加え、よく混ぜ合わせる。

2)レンコンは皮をむいてから縦半分に切り、薄めの半月切りにして水の入ったボールに放つ。

3)梨はよく洗い6等分にカットした後、皮を剥いて芯を取り、薄めに切る。(レンコンの薄さと合せると良い)

4)2)のレンコンはザルなどでしっかり水切りしてから、酢を入れた熱湯に入れ、透き通ってきたらザルにあけ、水気を切ってからドレッシングと合せる。

5)粗熱がとれてから3)の梨を加え、軽く混ぜ合わせたら出来上がり。

☆レンコンと梨の食感の違いとおろし玉ねぎの風味がよく合います。

調理のポイント

※レンコンは味がしみこみにくい為、あつあつのうちにドレッシングと混ぜ合わせると冷めながら味がしみこんでいきます。

今日の薬効食材

梨---------肺を潤す、熱を冷ます、痰をとる
レンコン---脾胃の働きを強化し下痢、疲れ、食少、貧血を改善する
玉ねぎ-----気血の巡り促進、利尿、痰をとり、咳を鎮める、胸苦しさをとる