Recipe

クスリになるレシピ

セロリとささみ・新玉ねぎの梅紫蘇ソース和え

【セロリの話】☆このレシピはブログで写真が見られます!→ブログへ

セロリは古代ローマ、ギリシャでは整腸剤・強精剤など薬用として使われていました。

その後、明治始め頃日本でも栽培が始められたのですが、独特のにおいから倦厭され、 一般に定着したのは、第二次世界大戦後のこと。

ストレスを緩和する効果のあるビタミンCにビタミンAを含み、また健胃、血圧降下、 鎮静などの効果もあります。
食物繊維は整腸やコレステロールの低下にも有効的です。
その独特の香り成分は、食欲増進、精神安定、頭痛などに効果があります。

茎の部分より葉のほうに栄養分がありますのであますところなく使いたいですね。
1年スーパーで見かけるセロリですが、2?5月にかけては静岡県産、7?10月は 長野県産のもの、といったように季節で主要な産地は違います。野菜自体の旬としては 諸説ありますが、だいたい冬から春、11月?5月あたりに美味しさが増すようです。

ようやく寒さもひと段落してきたこの頃。
春は自然界が芽吹く時期であると共に、体の変化もあらわれやすい季節です。
中医学的に春という季節は、花粉症や頭痛、目のトラブルといった体の上の方に 不調が出易い時期であり、同時に自律神経のバランスを崩し易い季節でもあります。

今回はストレスを緩和してくれるセロリと今がおいしい新たまねぎ、元気をつけてくれる鶏肉を組み合わせたレシピにしました。

もうすぐ春本番。季節を先取りし、ストレスに負けない体を作っていきましょう!

材料

セロリ
1本
鶏ささ身
4?5本
新玉ねぎ
中1個

--梅紫蘇ソース--

梅干し
2個
青紫蘇
10枚
白ゴマ
大さじ2
ゴマ油
大さじ3
お酢
大さじ2
しょう油
大さじ3
砂糖
小さじ半分

作り方

1)セロリは筋を取り、2mm程度の厚さに斜め薄切りにする。(葉は細かく切る)

2)新玉ねぎも薄切りにし、軽く水にさらしてから水気をペーパータオルで切っておく。

3)ささ身はお湯で湯がき、熱々のうちに細かく割いておく。

4)梅干しは種を除き包丁でたたいてペースト状に。大葉は軸を落としみじん切りに。
ボールにソースの材料を全て入れ、よく混ぜ合わせる。

5)4)に1)?3)の材料を全部投入し、良く混ぜ合せたら出来上がり!

☆セロリと新玉ねぎのシャキシャキ感がすっぱ美味い梅紫蘇ソースによく合います。

調理のポイント

※せっかくの新玉ねぎです。あまり長時間水にさらさずに軽くさらすこと。 よりみずみずしい食感が楽しめます。

今日の薬効食材

セロリ----熱を鎮め、イライラ・高血圧のめまい・頭痛・目の充血にいい、利尿
玉ねぎ----気血の巡り促進、利尿、痰をとり、咳を鎮める、胸苦しさをとる
鶏肉------お腹を温め、気を補い、体力をつける、筋骨を強くする、血を養う