Recipe

クスリになるレシピ

牡蠣とほうれんそうの中華風サラダ

牡蠣の話】☆このレシピはブログで写真が見られます!→ブログへ

そろそろ、牡蠣の美味しい季節になってきました。
日本人が産地以外で、カキを生で食べるようになったのは欧米食文化の流入後、つまりは明治時代以降であり、肉や魚の生食を嫌う文化の欧米から輸入されたという珍しい食材のひとつです。。

特に、フランスでは牡蠣の生食が盛んであり、生牡蠣をメニューの中心にすえるオイスターバーは最近、日本でもよく見られるようになりました。

肝臓の働きを活発にするグリコーゲンを多く含み、鉄や銅などの発育に不可欠なビタミン類も豊富であり、鉄分やヨードにいたっては必要量の4倍を含んでいます。
タウリンは、最近注目の栄養成分で、たんぱく質の構成成分であるアミノ酸の一種であり、これも牡蠣には多く含まれています。
以上のことから貧血や冷え性予防、新陳代謝の活発化、肌荒れ防止、免疫力の強化などの効果が期待される牡蠣類は栄養価が非常に高く、別名『海のミルク』といわれる程なのです。

今回はこの旬の牡蠣と同じく旬の食材のほうれんそうと肺を潤すピーナッツを組み合わせたレシピにしました。
秋も深まり、本格的な冬将軍の到来はもうすぐそこです。
しっかり食べて、体を滋養し、また潤して、来るべき冬の季節に備えましょう!

材料

牡蠣
12個
ほうれんそう
1束
片栗粉
大さじ1
ゴマ油
大さじ2
塩・こしょう
少々

--合わせダレ--

砂糖
大さじ1
黒酢
大さじ2
しょう油
大さじ1
オイスターソース
大さじ2
長ネギ(みじん切り)
1/2本分 
ピーナッツ
20g (包丁で粗く刻んでおく)   

作り方

1)ボールに合わせダレの材料をあらかじめ混ぜ合わせておく。

2)ほうれんそうはたっぷりの水でさっと茹でてから水にさらし、クッキングペーパー などで水気を十分に絞ってから2cm程度の長さに切りそろえる。

3)牡蠣はボールに入れ、大根おろし、または片栗粉(共に分量外)で牡蠣の汚れを吸着 させてからザルなどに入れてふり洗いし、クッキングペーパーなどで水気を十分に拭き 取ってから、片栗粉をしっかりとまぶしていく。

4)フライパンにゴマ油を熱し、3)を両面こんがりと焼き色がつくまで加熱し、塩・こし ょうで軽く調味する。そこへ1)を加え軽く加熱し、全体に味を馴染ませる。

5)大きめの器に2)と4)を混ぜ合わせながらバランス良く盛り付け、仕上げに粗く刻んだ ピーナッツを散りばめたら出来上がり!

調理のポイント

※黒酢がなければ普通の醸造酢でも可ですが、黒酢の方がコクが出て美味しいですよ!

今日の薬効食材

牡蠣----血を養う、滋養し虚弱体質改善、寝汗、不安感、不眠の改善
ほうれんそう----血を補い、止血、体を潤し、乾きや便秘を改善
落花生----肺をうるおす、慢性の咳にいい、胃腸を丈夫にする、通便

クスリになるレシピ一覧

身近な健康食材をつかったレシピを紹介するメールマガジン【お手軽!美味しい!クスリになるレシピ】を月一回メールマガジンで発行しています。
登録はこちらへ