Recipe

クスリになるレシピ

オクラとタコのゆずこしょう和え

【オクラの話】☆このレシピはブログで写真が見られます!→ブログへ

私たちが普段何気なく目にしてるオクラですが、実はオクラとは日本語ではなく、英語名okraからきています。では日本語名は?というとアメリカネリ(黄蜀葵)。
オカレンコン(陸蓮根)とも言うそうです。あまり聞かない名前ですね。

原産地はアフリカで、カロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄分が豊富。
特有のねばねば成分ムチンには、整腸作用があります。
これは水溶性食物繊維のペクチンと多糖類のガラクタンなどの混合物で、粘膜の保護やお腹の調子を整えるのに効果的です。

また、カルシウムやβ-カロテン、ビタミンC、鉄分などが豊富で、これから迎える暑い季節を乗り切るスタミナや抵抗力を高めるのにとても良いといわれております。

ほぼ通年供給されるオクラですが、露地は7?9月が旬。
緑色が濃く、表面がうぶ毛でびっしり覆われていてみずみずしく、角のはっきりとしたものが新鮮です。

今回はこのオクラと、低カロリーで疲労回復物質タウリンを多く含むタコを組み合わせたレシピにしました。
はっきりしない天気が続きますが、今から梅雨明けの夏の暑さに向けしっかりと食養生し、バテない体つくりをしていきましょう。

材料

刺身用茹でタコ
150g
オクラ
10本

--ゆずこしょうドレッシング--

ゆずこしょう
小さじ1/3
しょうゆ(あれば白しょうゆ)
大さじ1
砂糖
小さじ1
ゴマ油
大さじ1
米酢
大さじ2

作り方

1)オクラのヘタの部分を切り取り角を丸め、たっぷりの塩を使い(分量外)指先でゴシゴシと産毛を擦り取る。  

2)鍋に湯を沸かし、ボールに氷水を用意します。湯が沸いたらオクラを入れ、5?10秒ほど湯がき、氷水に落として冷まします。  

3)タコは斜め薄切りにする。

4)オクラは冷めたら水気をよく切り、斜めに0.5センチ幅に切っておく。

5)ボールにまずゆずこしょうを入れ、しょうゆできれいに溶きのばしたら、砂糖、米酢を加えよく混ぜ、かき混ぜながらゴマ油を加え混ぜる。

6)3)、4)を加えたらしっかり混ぜ合わせ完成!

☆食欲が落ちがちなこの季節でもさっぱり、しっかり食べられるレシピです。

今日の薬効食材

オクラ----胃腸を整える、血圧降下、消化促進、整腸作用
タコ------気力増進、血を生み出す。皮膚に刺激を与え、新陳代謝を促進し丈夫にする