Recipe

クスリになるレシピ

鶏肉と長芋のソテー

【長芋の話】

山芋の種類のうちの1つ。とても栄養価が高く、独特な味わいを持つ野菜です。
亜鉛やカリウム、鉄などのミネラル成分、ビタミンB群・Cなどの多くの栄養成分をバランス良く含み、数種類の消化酵素も含んでいます。

漢方薬としても利用されるほど滋養強壮効果・消化促進作用の高い食物です。
さらに、現代人に不足しがちなカリウムを多く摂取できるのも長芋の長所。
取りすぎた塩分を排出してくれる作用を持っているので、塩分を摂りすぎる傾向のある方に、積極的に食べてもらいたい野菜です。

長芋は晩秋から冬、おおよそ11月から2月頃が旬とされており、表皮にはりがあって、傷みがなく、茶色く変色していないもの、切り口が白いものが新鮮な山芋の目安です。

新聞紙にくるんで冷暗所におけば、長く保存できます。
寒い北風に負けないよう、しっかり食べて気を補いましょう!

材料

鶏胸肉(小さめのもの)
2枚
山芋(中くらいのもの)
1本
ブロッコリー
1株

--調味料--

塩・こしょう(下味)
適量
小麦粉
適量
粒マスタード
大さじ1
しょうゆ
大さじ2
にんにくすりおろし
小さじ半分

作り方

1)ブロッコリーは小房に分け、茎は表面の硬い部分を剥いた後 薄くスライスし、茹でておく。

2)山芋は皮を剥いて1cm厚にスライスし、塩コショウで下味を付け、 小麦粉を全体に軽くはたき、サラダオイルを熱したフライパンで 中火で軽く色付くまでソテーする。(火を通しすぎないこと)
一度、皿などに取り出しておく。

3)鶏肉は一口大にカットし、塩コショウで下味を付け、小麦粉を全体に軽くはたき、サラダオイルを熱したフライパンで中火で 全体的にこんがり色が付くまでソテーする。

4)3)のフライパンに、粒マスタード・しょうゆ・にんにくすりおろしを入れてから軽く加熱し全体の味をまとめる。

5)2)をフライパンに戻し、軽く全体的に味をからめる。

6) 皿に盛り付け、彩りの茹でブロッコリーを添えれば出来上がり!!

調理のポイント

※長芋は加熱しすぎると栄養素が損なわれます。加熱時間を短くし、 シャキシャキの歯ごたえを楽しみましょう!

今日の薬効食材

長芋----胃腸・肺・腎を丈夫にする、胃腸虚弱、老化、慢性の咳にいい
鶏肉----お腹を温め、気を補い、体力をつける、筋骨を強化する、血を補う
にんにく----胃腸を温め、冷痛、むくみにいい、解毒、殺虫、血行促進