Recipe

クスリになるレシピ

揚げ里芋のもちきびあんかけ

【きびの話】

「もちきび」と「うるちきび」があり、ほのかな甘みがあります。
日本では昔から「もちきび」は餅、おこわ、団子にして、「うるちきび」はご飯やお粥に利用されて
きました。

『ももたろう』に出てくるきび団子は、この「もちきび」を原料としたものです。昔話では親しみが
ありますが、普段「もちきび」を食べる機会は少ないかもしれません。

きびは、たんぱく質・ビタミンB1・B2・カルシウム・鉄分・亜鉛 ・食物繊維を多く含む、なかなか
優秀な食品です。
薬膳的には呼吸器を強化し、肌に潤いを与える食べ物とされており、乾燥するこれからの季節に
ぴったりの食材です。

今回はこの、「もちきび」を使ったレシピご紹介します。体をしっかりと整えて、冬本番の寒さ・乾燥に備えましょう。

材料

里芋(中位の大きさ)
10個
炊いたもちきび※
100g
ショウガ(みじん切り)
小さじ1
茹で絹さや(飾り用)
8本

--調味料--

揚げ油
適量
ゴマ油
少量
だし汁
1カップ
しょうゆ
大さじ1半
みりん
大さじ1半
少々
片栗粉(同量の水で溶く)
適量

作り方

1)もちきびを炊いておく※(炊き方は【ひとこと】参照)

2)里芋は洗って、上下を切り落とす。皮をむき、半分にカットしてから、 (大きめの里芋の場合は三等分に)軽く水洗いした後に、里芋の水気をキッチンペーパーでふき取っておく。

3)里芋全体に軽く小麦粉をはたき、中温の油(170℃)で5?6分、 箸がすっと通るまで揚げる。

4)少量のごま油を熱したフライパンでショウガを炒め、だし汁・しょうゆ ・みりんを一煮立ちさせ、塩で味を整る。   もちきびをほぐし入れ、軽く煮立たせ、水溶き片栗粉でとろみをつける。 (煮立たせた時点でとろみはついてくるので、片栗粉は調整程度に)

5)器に3)を盛り、4)を上からとろりとかける。

6)仕上げに飾り用の茹で絹さや(半分にカットする)を全体に散らせば 出来上がり!!
もちきびのプチプチの食感と、里芋のホクホク感が楽しめる一品です。

調理のポイント

?もちきびの炊飯器での炊き方?
もちきびは軽く洗ってから、もちきび1に対して1.6倍の水、塩少々を入れて炊き、10分蒸らす。(あまったもちきびは野菜炒めなどに加えても美味しいです。)

今日の薬効食材

きび----気を補い、肺・脾胃を丈夫にする、咳・痰をとる
里芋----消化機能を助け、身体を丈夫のし、病気に対する抵抗力を高める
ショウガ----発汗させる、吐き気を止める、食欲増進、解毒