Recipe

クスリになるレシピ

豚肉のみょうが巻き

【みょうがの話】

日本原産の香辛野菜の1つです。
若い茎を『みょうがたけ』、開花前の若い花穂のことを『花みょうが』と言います。

今回はこの一般的にみょうがとして知られている、花みょうがを使ったレシピをご紹介します。

種類は夏みょうがと秋みょうががあり、旬はおよそ6月から10月。
まさに、初夏から秋にかけてがより美味しい時期で、胃機能の改善、食欲増進、血行促進などの
効能があり、薬膳学的には身体の熱を冷却する効能もあります。

暑さでバテてきたときにも、みようがのさわかやかな香りとシャリっとした食感が食欲をそそります。
また、冷たいものの食べすぎ飲みすぎで弱った胃を助けてくれます。
疲労回復物質ビタミンB1を含む豚肉を合わせたこんな一品で秋へ向け備えましょう!

材料

豚ロース肉
16枚
みょうが
8本
小麦粉
適量
ごま油
適量
白胡麻(仕上げ用)
小さじ2

--合わせ調味料--

だし汁
半カップ
味噌
大さじ2
大さじ2
砂糖
小さじ1  

作り方

1)みょうがは外側の皮をむいてから縦半分で切り、軽く水にさらし水気を切る。

2)ロース肉を横2枚に並べ、全体に小麦粉を軽くふるい、半分に切ったみょうがを2本、天地逆に端に並べ、肉を巻いていき、巻き終わりを下にして、また小麦粉をふるう。

3)ごま油をひいたフライパンに巻き終わりを下にして2)を置き、全体にこんがり焼き色がつくまで焼いていく。

4)合わせ調味料を一度に入れ、全体に味をなじませ、軽く煮詰める。

5)半分にカットして、白胡麻を全体的にちらばせば出来上がり!!

食べ応えのある1品です。  

調理のポイント

※肉を巻くのが面倒という方はロース肉を豚バラ肉に、みょうがを千切りに変えて炒めてもOKです。
この場合、肉を焼く時ごま油はいりません。みょうがに火を通しすぎないようにすると、食感が楽しめます。
だし汁は熱い方が味噌・砂糖が混ざりやすく、味もからみ易いです。

今日の薬効食材

みょうが----身体の熱を冷ます、気・血のめぐりをよくする、食欲増進など
豚肉--------疲労回復、貧血予防、血栓予防など