Recipe

クスリになるレシピ

山芋の酢の物

精をつけ元気になる食べ物として昔から良く知られているとろろ。
消化が良いので夏疲れした胃袋にもやさしく、冬に向けて風邪をひかない丈夫な身体づくりにもぴったりの食材です。

材料

山芋
250g
生うに
30g(または梅干2コほど)
刻みのり
適量
お好みでわさび
少量

--合わせ酢--

30ml
みりん
30ml
薄口醤油
30ml
こんぶ
3cm角1枚

作り方

1)山芋は皮をむき、千切りにする。

2)1を酢水(分量外)でサッと洗う。

3)ボールに合わせ酢の材料を合わせ2を入れて和える。

4)器に盛り、生うに、刻みのり、わさびを天に盛る。
生うにの代わりにつぶした梅干を乗せてもOK!

調理のポイント

皮をむいた山芋を洗い酢で洗ってから切ると手が痛くなりません。
洗い酢-----酢と水を1:2くらいの割合でまぜる(分量外)


2)で、切った山芋を酢水で洗い山芋の色が茶色くなるのを抑えます。
(長くつけすぎると赤茶色に変色してしまう)

今日の薬効食材

山芋・・・食欲不振、長く続く咳、顔や手足のむくみ、息切れ、元気がでない
うに・・・貧血、便秘、スタミナ不足、口内炎、夜盲症、老化予防
梅・・・慢性の下痢、咳、痰がからんで出しにくい