Others

その他の症状

事例

夜勤のたび悪化するニキビ 【23歳・女性・神奈川県】
中学生の頃に出来始めたニキビがいまだに治らない。おもに両頬と口の周り、おでこの生え際にできる。
夜勤のある仕事をはじめた一年ほど前からはさらに悪化し、皮膚科に通院し塗り薬と飲み薬(抗生物質)を使うようになった。
薬を飲んでいる間は、新しいニキビが出来にくいが、ニキビ痕がのこってひどい。
ストレスが胃にくるタイプで、胃の痛みがある。生理前になるとニキビが悪化。また、夜勤明けも必ず悪化する。仕事の都合上生活も不規則になりがち。便秘はしていない。生理前、下腹部に鈍痛がある

事例

■4月10日
漢方薬エキス剤服用開始
■1ヵ月後
新しく出来るニキビはほとんどなくなっている。
生理のときは少し出来たがすぐに治ったので気にならなかった。生理痛も今回はなかった。
母親から、「とてもきれいになってきているよ」といわれて喜んでいる。
■3ヵ月後
仕事の方が忙しく、いつも夜遅く帰宅しているが、ニキビは良くなってきており、化粧で隠せるくらいになった。
■4ヵ月後
生理痛が漢方薬を飲み始めてからずっとなくなっている。
にきびは大分良くなってきているけれどイライラするとちょっと出るような気がする。
■6ヵ月後
仕事を変えてからストレスのためか少しニキビができたが、すぐ治るのであまり気にならない。ニキビ痕もうすくなり目立たなくなってきている。
■7ヵ月後
色白になって、みんなからも肌がすごくきれいになったねと言われる。
夜勤がある不規則なお仕事なので、そのたびにニキビがパーッと増えていたようです。
夜勤で悪化し、生理で悪化し。。。。と治る間もない状態でしたが、漢方を服用し始めてからはホルモンもかなり安定してきたようです。
今は風邪で寝込んだり、夜勤明けには、数個のニキビが出来ることがあるけれどすぐに治るのであまり気にならないそうです。
逆に、ニキビ少し出てきたら、食事内容を考えたり、体を少し休めるといったように健康のバロメータととらえると良いと思います。
湿疹/かゆみ 湿疹・かゆみは人それぞれで、乾燥時や夜間、また汗をかいた時など症状の出方も様々です。
アトピー性皮膚炎 現在病のひとつとも言える皮膚疾患ですが、皮膚だけでなく、漢方では体質そのものに着目していきます。
ニキビ 「青春のシンボル」というくらい思春期のホルモンバランスなどによって出てくるものですが、大人になってからのニキビはストレスなど複雑に原因が重なってくるようです。
過敏性腸症候群 下痢が続くと体力も落ち、他の病気になってしまう可能性もあります。なかなか完治というわけにはいかないようですが、ある程度はコントロールできるようになれば、身体的・気持ち的に楽になります。
頭痛 偏頭痛や整理前後の頭痛など、症状は様々ですが、ひとつ一つ頭痛の元を紐解いていきましょう。
吹出物 こちらも様々な原因が考えられますが、皮膚だけでなく全身に着目していきましょう。
花粉症/鼻炎 3人に一人とも言われる花粉症・鼻炎です。どうしても口呼吸になりがちで、寝ていると身体を冷やす原因にもなります。しっかりとした身体づくりをしましょう。
更年期障害 更年期を迎えるといろいろな症状があわられます。めまいや動悸、息切れ、発汗など。放っておくと精神的にもよくありませんので、お早めにご相談下さい。
膀胱炎 夏の終わりに多く相談が寄せられます。その原因のひとつは夏の暑さによって抵抗力が下がったりすると顕著に出るようです。身体を冷やさないようにしましょう。

これらの症状でお困りの場合、またこれ以外の症状でお困りの場合も、お気軽にご相談下さい。