Others

その他の症状

事例

12  子供のアレルギー性鼻炎(花粉症/鼻炎)【5歳・男の子・横須賀市】
一年ほど前の4歳のころから鼻詰りがひどく、この一年ずっと耳鼻科に通っているが、なかなか改善しない。
ずっと同じ薬を飲ませ続けているのも心配なので漢方薬を飲ませたい。
普段は、鼻水は多く出ず、白っぽい鼻水が少量でるくらいだが、花粉症があり、春になると鼻水もでてくるし、鼻づまりの症状がひどくなるほか、ゼンソクが出てくる。
皮膚は乾燥してカサカサしがち。
口で呼吸をするためか、風邪をひきやすい。

事例

■3月20日
漢方薬エキス剤服用開始
■半月後
漢方薬はオブラートに包んで飲ませている。嫌がらずに飲んでいます。
■2ヵ月後
鼻づまりはあまり変わらない。花粉症の季節の割には悪くなっていないのかもしれない。
■4ヵ月後
鼻のつまりは良くなってきたが、痰が喉に落ちるのか、エヘン、エヘンとしている。
風邪をひきにくくなったようだ。
■11ヵ月後
去年の今頃よりずっと良い。
■2年後
調子良好。花粉症もでていないし、風邪もひかない。
二年間頑張って飲み続けてすっかり良くなり、本人も薬を飲む気がなくなってきたようなので、そろそろ漢方薬を 卒業出来ると思っている。
子供の頃から鼻づまりで口呼吸が続いていると、風邪をひきやすいほかに、歯並びにも影響します。
小さいお子さんに、毎日きっちり薬を飲ませるのは大変なことだと思いますが、よく頑張ってお続けになりました。
心配だったゼンソクも、すっかり出なくなって、一安心です。
湿疹/かゆみ 湿疹・かゆみは人それぞれで、乾燥時や夜間、また汗をかいた時など症状の出方も様々です。
アトピー性皮膚炎 現在病のひとつとも言える皮膚疾患ですが、皮膚だけでなく、漢方では体質そのものに着目していきます。
ニキビ 「青春のシンボル」というくらい思春期のホルモンバランスなどによって出てくるものですが、大人になってからのニキビはストレスなど複雑に原因が重なってくるようです。
過敏性腸症候群 下痢が続くと体力も落ち、他の病気になってしまう可能性もあります。なかなか完治というわけにはいかないようですが、ある程度はコントロールできるようになれば、身体的・気持ち的に楽になります。
頭痛 偏頭痛や整理前後の頭痛など、症状は様々ですが、ひとつ一つ頭痛の元を紐解いていきましょう。
吹出物 こちらも様々な原因が考えられますが、皮膚だけでなく全身に着目していきましょう。
花粉症/鼻炎 3人に一人とも言われる花粉症・鼻炎です。どうしても口呼吸になりがちで、寝ていると身体を冷やす原因にもなります。しっかりとした身体づくりをしましょう。
更年期障害 更年期を迎えるといろいろな症状があわられます。めまいや動悸、息切れ、発汗など。放っておくと精神的にもよくありませんので、お早めにご相談下さい。
膀胱炎 夏の終わりに多く相談が寄せられます。その原因のひとつは夏の暑さによって抵抗力が下がったりすると顕著に出るようです。身体を冷やさないようにしましょう。

これらの症状でお困りの場合、またこれ以外の症状でお困りの場合も、お気軽にご相談下さい。